ホーム ブログ

第7回南三陸子ども自然史ワークショップ2017のご報告

「南三陸の生き物や化石を大人も子どもも楽しく学ぼう!」をテーマに、今年も実施致しました「南三陸子ども自然史ワークショップ」。その詳細をご報告させていただきます。

 

南三陸子ども自然史ワークショップとは?

たくさんの子どもたちに、南三陸町に棲む生きものに興味をもってもらいたい。自然の豊かさを知ってもらい、そこから自然への理解が進む事を願い毎年行われている、南三陸町の自然などをテーマとしたワークショップです。この活動は、大阪、岩手、東京、宮城県内など全国各地の自然を愛する同志にも応援に駆け付けていただき、実施しています。


会場前の打ち合わせの様子

炎天下の中での竹テント設営の様子

 

2017年のワークショップの内容

今年のワークショップでは今までにチャレンジしていなかった新しい内容のものも登場しました。当日実施したワークショップ内容をご紹介いたします。

●ダンゴウオカードつりゲーム
南三陸町にも生息するダンゴウオ。日本で見られるダンゴウオ類11種類のカードを釣り上げるワークショップで、釣り上げたカードをファイリングして自分だけのダンゴウオ図鑑ができました。

●図鑑ストラップ

南三陸町内で採取した、花や海藻をそれぞれの解説シートと一緒にレジン(樹脂)で封入してストラップにするワークショップで、当日は女の子に特に大人気でした。

●海藻うちわ

南三陸町内で採取したワカメや、コンブ他、様々な種類の海そうを使ってうちわを作りました。子どもから大人まで大人気のワークショップでした。

●いきもの手ぬぐい「磯しぼり」


ダンゴウオ、ウニ、ワカメ他、アンモナイトなどの海の生きものが描かれたオリジナルハンコを布用のインクで押して、自分だけのオリジナル手ぬぐいを作るワークショップで子どもから、大人まで夢中で自分だけの手ぬぐいを作っていました。

●パズルで学ぼう!ウタツサウルス

南三陸町、歌津(ウタツ)地区で見つかった海棲爬虫類「ウタツサウルス」がどんな形の生きものだったのかをパズルで楽しく学べるワークショップで、誰でも手軽に楽しめるワークショップでした。

●みんなの町民憲章 虹色アートコンクール

かもめの虹色会議さんのブース

南三陸町の町民憲章のフレーズをテーマにイラストで表現するアートコンクールで、参加者のみなさんが思い思いの絵を描いていました。

また、当日はミュージアムショップも開設し、南三陸ネイチャーセンター友の会オリジナルのグッズをはじめとした自然にまつわるグッズも販売しました。収益は活動費にあてられます。

●南三陸ネイチャーセンター友の会新商品!「南三陸いきものハンコ」
南三陸の杉材を使用した木製のハンコで、ダンゴウオがスタンプできます。なんと11種類もあります!

 

これからも南三陸町の自然の魅力にふれる、学べるワークショップを作りあげていきます!

南三陸子ども自然史ワークショップは、毎年多くの方々の協力を得て実施しており、今年は157人もの方々に足をお運びいただき、来場者数は年々増えています。

来場者の内訳

南三陸 大人15名 子ども16名

登米  大人18名 子ども26名

石巻  大人17名 子ども18名

気仙沼 大人10名 子ども10名

仙台  大人9名  子ども9名

大崎  大人2名  子ども2名

加美  大人1名  子ども2名

栗原  大人2名

合計 157名

南三陸町だけでなく、県内各地、特に近隣から多くの方々が今回、会場に足を運んでくださいました!

反省点としては、全体としてワークショップが難しい構成になっていたので、もう少し小さい子どもたちにも分かりやすく、楽しんでいただける工夫、あとはお待たせする時間も多くあったので、そちらも次回にむけて改善していければと考えています。

最後に、
この活動には「学び」、「楽しさ」といったものを南三陸町の自然の魅力を通じて感じて欲しいといった、南三陸ネイチャーセンター友の会のメンバーの思いがこめられています。これからも私たち自身が、まずは南三陸町の自然から「学び」、「楽しみ」、その魅力を多くの方々に伝えられるよう活動していきたいと思います!

 

サイエンスカフェ@こもんず 始めました

南三陸町、志津川駅がかつてあった場所の近くにコミュニティーカフェ・コモンズがある。
木をふんだんに使った板倉造りの、といっても洋風の素敵な建物に素敵な内装、音楽、そしてリーズナブルで美味しい料理。ゆったりと暖かい空間に、子供から年配の方、近所の人から復興工事の人までいろいろな人が集まるカフェだ。
そんなコモンズさんの場をお借りして、おいしい料理とともにサイエンスを話題に交流しようというイベントを始めてみた。
第1回は「南極の氷の不思議」と題し、元越冬隊員であるネイチャーセンター友の会会員が〜南極の氷から地球の現在過去未来をみる〜というサブテーマでお話をした。

夏のはじまり

自然史研究者はずるい。
毎日が夏休みだ。

調査と称して、海にもぐったり、虫とりをしたり、鳥を見に行ったり、化石を掘ったり、夜ふかしして星を見たり、永遠に続く夢の日々だ。

まして、研究者としての義務すら負っていないアマチュアとなれば、ただひたすら楽しいだけである。誠に申し訳ない。子どもたちにばれたら、ずるいとのそしりはまぬがれまい。
バチが当たらないうちに、何か恩返しをしなければ。

南三陸子ども自然史ワークショップで、自然の魅力を少しでもお伝えできたなら幸いである。

暑いなか、足を運んでくださった皆様には、感謝しかない。
やる気満々で来てくれたのに、混んでいてできなかった子どもたちには申し訳ないことをした。なんとかするから、こりずに、また来てください。そしていつか、フィールドで会いましょう。

生物フラッシャー

『南三陸子ども自然史ワークショップ』の準備も佳境に入っている。
まるで文化祭前夜だ。
初老になってこんなことになろうとは、人生とは異なものよ。

そんななか、帰宅すると庭でなにやら光っている。

浜辺で咲く、ハマヒルガオ

ハマヒルガオ2
ピンク色の愛らしい花

初夏の浜辺を淡いピンク色に彩るハマヒルガオ。南三陸町でも咲きました!

バードウォッチャー必見!絶滅危惧種コクガンが飛来する南三陸町

南三陸町は、絶滅危惧種コクガンが飛来する貴重な場所です。コクガンの映像を御覧ください。

くわご(桑子)の季節

手のひらいっぱいのくわご
手のひらいっぱいのくわご

しばらく前から、いまかいまかと待ちわびていた季節がやってきた。梅雨入り前の青空の下、朝からすでに暑いくらいの南三陸町入谷。山の桑の木を訪ねると、黒々と熟した桑の実があった。このあたりでは桑の実を「くわご(桑子)」と呼ぶ。枝にいっぱい実をつけた桑の林に入ると、ついつい次から次へと手を伸ばしてしまう。時々口にも放り込みながら、袋いっぱいのくわごが穫れた。

南三陸の旬を味わう!山菜天ぷらツアーレポート

山と海に囲まれた自然豊かな南三陸町では、春、夏、秋、冬とその時季によって山と海の様々な旬の味を楽しむことができます。今年の4月末、南三陸ネイチャーセンター友の会では旬の山菜を採って天ぷらにして食べる、会員限定のツアーを実施しました。

おすすめの記事