ホーム ブログ

南三陸イヌワシ火防線プロジェクト公式ムービー

南三陸ネイチャーセンター友の会の重点活動のひとつ、「南三陸イヌワシ火防線トレイルプロジェクト」の公式ムービーが、パタゴニア日本支社さんの全面的なご協力により公開の運びとなりました。

プロジェクトの狙いや、実際の山での作業の様子が、美しい映像とともに分かりやすくまとめられていますので、みなさまぜひご覧ください。

実は撮影されたのはプロジェクト開始当初で、今よりも少しだけ若い会長や事務局長が出てきていろいろ喋ってますが、そこはご愛敬ということで‥

スパイダーと行く~「バンブーレジリエンススピンオフ企画-ぶらばーだー-」開催報告

 

 3月半ば、宮城県内の教職員有志からなるMAP(みやぎアドベンチャープロジェクト)研究会の皆さまを中心に、私たちネイチャーセンター友の会がご案内する形で化石発掘と火防線の刈り払い体験を行いました。

MAP研究会とは、宮城県で学校の中に冒険教育・体験型学習を取り入れていこうと志す自主的な集まりで、そのルーツはアメリカ発の教育プログラムである「プロジェクト・アドベンチャー」(PA)にあります。

東日本震災の後、大災害からの心の復興の一助になればと来日されたPAの高名なトレーナーかつカウンセラーであるジム・ショーエル氏が、被災地の子どもたちの心のケアはもちろん、子どもたちに関わる学校教員を中心とした大人たちのケアも重要と考え、前後6回も宮城県を訪れて「竹のもつしなやかさ」をイメージした「バンブーレジリエンス」(BR)と名付けたミーティングを行い、議論と実践を深めてこられました。

その成果はMAP研究会によって「グループの力でレジリエンス~しなやかな心~をはぐくむ」という冊子にまとめられており、下記URLから見ることができます。

http://hiroy.kir.jp/map/report_data/2016/map-resilience.html

私たち南三陸ネイチャーセンター友の会とMAP研の繋がりは、第二回のBRが南三陸町内の志津川自然の家を会場に開かれた際に教員ではないものの地元からの参加者として会長鈴木が参加させていただいたのがきっかけですが、実はそのときもうひとり、教員ではないものの子どもたちとの活動に大いに取り組んでいる人物が参加していました。

町内歌津地区で「てんぐのヤマ学校」を主宰されていた蜘瀧仙人こと八幡明彦氏。通称である「スパイダー」の方がとおりが良いかと思いますが、彼も南三陸町内を会場に行われた第二回から第四回まで、不慮の事故で亡くなるまで欠かさずBRに参加していました。事故の翌月に石巻で行われた第5回BRでの沈痛な空気は忘れられません。

南三陸町歌津舘崎にて採取されたアンモナイトの化石


前置きが長くなりましたが、今回の企画はBRメンバーが久し振りに南三陸の地に集うのと同時に、実はスパイダーを偲ぶ機会でもありました。ですので、初日はおそらくスパイダーがクモの次くらいに好きだったであろう化石の発掘を歌津地区で行い、宿泊は第3回と第4回のBR会場となった入谷地区のさんさん館、翌日は「古い山道をちゃんと歩けるようにして、子どもたちが山のてっぺんから自分たちが暮らす土地をちゃんと眺められるようにしたいよな」「とくに歌津と入谷と志津川の境界だった山、あそこを見晴らしの良い場所にしたい」というスパイダーとの語らいからスタートした火防線プロジェクトの活動の一端を、まだそれほど見晴らしは良くないものの境界山への登頂も含めて体験していただきました。

企画をご提案いただき、家族でご参加いただいたプロジェクトアドベンチャージャパン(PAJ)の寺中さまをはじめ、年度末のスケジュールを調整してご参加いただいたすべての皆さまに感謝申し上げます。私たち南三陸ネイチャーセンター友の会としても、これを機会にMAP研はじめ学校教育に携わる皆さまとの連携を深めていきたいと思います。

惣内山における火防線整備作業風景


そして最後に、今回の事業はスパイダーこと八幡明彦氏の御尊父であられる八幡惠介氏が設立された「八幡明彦記念基金」からの助成を得て実施させていただきました。今は亡きスパイダーが取り持つ縁がこのような事業に繋がったことを有難く思います。当初は二日とも雨の予報だったのにまさかまさかの青空続き。「スパイダーのおかげで‥」なんて峠のてっぺんで話している最中にどおっと風がとおり抜けて、あの瞬間みんながスパイダーの存在を感じたと思います。

八幡惠介氏に心から感謝申し上げますとともに、八幡明彦氏にも感謝と哀悼の意、さらには「これからもよろしく!」のメッセージを捧げたいと思います。

歌津公民館所蔵「僕が歌津にいた理由」(著:蜘蛛仙人)

<火防線>童子山〜三人立ルート開通!

思えば、童子山の山頂から藪をかき分け三人立の山頂に立ち、「いつかここに”やぶ活”で訪れることがあるのだろうか」と、田束山や太平洋を眺めながら思ったのは、2018年の元旦のことでした。
それからわずか1年とすこしの時を経て、2019年2月21日、ついに童子山から三人立まで、藪をかき分けなくても歩けるだけのトレイルが開通しました。

三人立山頂より遠くは室根山

「南三陸イヌワシ火防線プロジェクト」はこの1年、パタゴニア日本支社さんのご支援などたくさんのご協力をいただき、2度のトレイル整備プログラムや有志による下見や刈り払いを行ってきました。


かつては草木一本生えないように手入れされた「火防線(=山火事の延焼防止のための防火帯)」は、山の草地や薪炭林が暮らしに必要なものでなくなってから数十年の間、自然に任せて草木が旺盛に生い茂り、松枯れの進行も手伝って、なかなか手強そうな藪であるなぁと思わせたのでした。
それが、こつこつと作業を続けることにより、(いつもながら感動するのですが)振り返ると道ができているのです。


そういえば今回は、チェーンソーや刈り払い機を操る林業作業班の方々という強力な助っ人があったことも忘れてはいけませんね。
なにはともあれ、「惣内山〜神行堂山ルート」に続き、また新たなトレイルが生まれました。

ちなみに、童子山と惣内山、神行堂山は南三陸町入谷地区を代表し、「入谷三山」と呼ばれています。
三人立は、海から見てぴょっこりと尖った山容で、むしろ海からの目印として漁師さんなどに親しまれている山かもしれません。

「南三陸イヌワシ火防線プロジェクト」は、最終的に町界尾根の全線をトレイルとして整備し、イヌワシの狩場となるような空間を作り出し、イヌワシが再び南三陸町に戻ってくることを目指しています。

これまでに開通した入谷のトレイルは、いずれも町界尾根から外れています。
しかも、場所によっては人ひとりが通れるだけの幅しかないところもあり、イヌワシの狩場としても物足りないところがあります。
しかし、ここを足がかりに、地元の人たちや他所からの人たちと共に山に親しみながら、こつこつと最終目標に向かってプロジェクトを進めて行く予定でいます。

童子山〜三人立が開通した翌日、私たちはその勢いで、弥惣峠から三人立につながる町界尾根に手をつけました。
このあたりは、もともと国有林の巡視路として手入れがなされていたこともあり、この日の作業後にはトレイルとしてすでに十分な様相。
というわけで、ついでに、童子山〜三人立〜弥惣峠ルート開通!としちゃいます。

(人ひとりやっと通れる笹やぶや、切り株などのこる場所もありますが。)

開通したトレイルは、私有地であったり、駐車場やトイレがないとか、「登山道」のような整備はなされていないため、残念ながら誰もが自由勝手に遊べる場所とは言えません。
それでも、ぜひ行ってみたい!という方は、まずはイベントに参加するなどしてもらえればと思います。
友の会では、5月1日にこの新しいルートを歩くイベントを計画中です。
詳しい内容はまだ未定ですが、地元の人たちにも声掛けして、是非とも参加してもらいたいなぁと考えています。
童子山の金掘りの歴史や、ルートの途中にある炭焼き跡、かつてこの地にいたイヌワシの話などしながら、夏草が生い茂る前の心地よいトレイルを歩けたらと思います。
お楽しみに。

 

記者発表及びフォーラム「イヌワシと共に暮らせる林業をめざして~南三陸から始まる新たな取り組み~」開催報告

3年目位の若いイヌワシ(2008年岩手県側北上山地にて撮影。写真提供:鈴木卓也)

 

報告が遅くなってしまいましたが‥

昨年12月7日、「南三陸地域イヌワシ生息環境再生プロジェクト」の新たな動きを宮城県庁記者クラブで発表し、翌12月8日には南三陸町役場「マチドマ」にて発表内容に関するフォーラムを開催し、町内外のおよそ50人の皆さまにご参加いただきました。

2018.12.8「イヌワシと共に暮らせる林業をめざして~南三陸から始まる新たな取り組み~」開催風景(南三陸町役場マチドマにて)

すでに新聞報道等でご存じの方もいらっしゃると思いますが、発表内容の肝は、イヌワシ繁殖地として国の天然記念物にも指定されている翁倉山周辺において、国有林を管理する東北森林管理局、町有林を管理する南三陸町、民有林として自社が管理する森林を持つ株式会社佐久の三者が連携して、イヌワシの生息環境の再生を図りつつ、持続可能な産業としての林業を協同で推し進めていくことで合意したというものです。

草原性の大型猛禽であるイヌワシは、鬱蒼とした森林環境のもとではその大きな身体が災いして餌の確保が難しく、草地や伐採跡地のような開けた山の環境を必要とします。

かつての日本の山には田畑の肥料(緑肥)や家畜の飼料、屋根材としての茅場などの草地が多く、また薪炭林や用材林としての林業も盛んで、イヌワシが餌狩場に不自由することはありませんでした。

ところがその後、高度経済成長期に入ると、肥料は化学肥料(金肥)に、家畜の餌は配合飼料に、茅葺き屋根は安価なトタン屋根などに置き換わって山の草地の価値が低下し、一方で薪や炭などの燃料は灯油やガスといった化石燃料に取って代わられ、建築用材も安価な外国産材に押されて国産材の需要と価格が低迷し、日本の山は経済的に立ち行かなくなりました。結果、十分に手入れの行き届かない荒れた森林に山々は覆われ、イヌワシは絶滅の危機に瀕しています。

翁倉山域もまさにそのような状態で、巣のある谷は厳重に保護されていますが、周辺の山々まですっかり木々に覆われてしまい、イヌワシが餌を獲れるような開けた環境は非常に少なく、ヒナを育てて巣立たせるのに十分な量のノウサギなどの餌動物を獲れるような状況にありません。事実、2011年を最後にペアの定着は見られなくなっています。

そこで今回、私たちのプロジェクトでは、イヌワシが餌狩場として利用できるようなある程度のまとまりを持った面積の伐採(皆伐)を主眼とする計画を立てました。

翁倉山麓に120haほどの管理林を持つ株式会社佐久では、これまでも強度の間伐や細やかな路網の整備など、イヌワシの生息環境の改善に配慮した森林施業を行ってきましたが、今後5年間で5haの皆伐と再植林を行うことを森林経営計画に盛り込みました。

宮城県石巻市北上町女川(谷多丸)地区 株式会社佐久管理林

また、翁倉山域の大面積を管理する国有林(宮城北部森林管理署)では、山頂から半径10km圏内の人工林の7.7%にあたる約154haを今後5年間の主伐対象とする森林経営計画を立てており、それも単に丸裸にするのではなく、渓流沿いに保護樹帯を残し、再造林には従来のスギやアカマツから成長の早いカラマツに樹種転換し、それも30年の伐期を2サイクルに分けて15年ごとに新たな伐採地を創出できるよう調整するなど、国有林ならではの先進的な取り組みを計画されています。

南三陸町では森林経営計画を更新したばかりのため同じタイミングでの経営計画の策定にはいたりませんでしたが、町の森林整備計画にイヌワシの生息環境再生への配慮と官民一体となった取り組みの推進を明記し、次期の森林経営計画から同一歩調で取り組むこととなりました。

国有林と町有林、さらに民間の山林所有者が協同してのこのような取り組みは日本初のことです。イヌワシの生息地が国有林率の高い奥山ばかりではないこと、山の管理主体としての官民が連携しての取り組みが希少生物の保護だけでなく持続可能な林業の振興のためにも求められていることを考えると、私たちの取り組みは広く全国に展開でき得る先進的な取り組みであると自負しています。

先に、翁倉山域ではイヌワシのペアの定着が見られなくなっていると記しましたが、テリトリーを持たない若いワシの一時滞在は現在でも時おり見られます。私たちの取り組みが功を奏し、若いイヌワシが翁倉山域をテリトリーとして定着し、ペアとなってヒナを育て、純白の斑紋をきらめかせた巣立ちビナが南三陸の空を舞う姿を取り戻すのが目標ですが、それが先例となって各地で同様の取り組みが進み、日本のイヌワシが絶滅の危機を脱すること、しかもそれが持続可能な山の資源の利用としての林業によって無理なく維持される仕組みを確立することができれば最高です。

南三陸町VIRTUAL MUSEUMより(写真提供:南三陸町)

今後さらに、翁倉山域で境を接する登米市・石巻市の市有林や民有林との連携も図りながら、生物多様性のシンボルともいえるイヌワシと共に暮らして行ける地域社会をめざして取り組んで行きますので、皆さまご支援ご協力のほどよろしくお願い申し上げます!

三番瀬ワークショップまつり開催のお知らせ

来る2018年12月8日(土)12:30〜16:00 行徳公民館(千葉県)において「三番瀬ワークショップまつり」が行われます。

三番瀬といえば東京湾の最奥部に広がる広大な干潟で、人口密集地と距離が近く様々に利用されてきた歴史があります。
環境問題へも早くから取り組み、人の営みと自然との共存を模索してきた場所です。

この度、三番瀬環境市民センターさんとのご縁で南三陸ネイチャーセンター友の会もイベントに協力することになりました。藻場の再生に取り組んでいることから「海藻ハーバリウム」で海草/海藻の魅力をお伝えします。岩手大学の自然史探偵団のみなさんと共にブースにおります。南三陸の海草/海藻も持って行きます。

他にも楽しいプログラム盛りだくさんです。

関東圏にお住まいの方、お知り合い方で興味がありそうな方、お誘い合わせの上ぜひご来場ください。

<南三陸イヌワシ火防線プロジェクト>トレイル整備プログラム 開催報告

<南三陸イヌワシ火防線プロジェクト>トレイル整備プログラム 開催報告

見事な秋晴れとなった11月10日(土)~11日(日)、南三陸イヌワシ火防線プロジェクトが始動してから初となる、公募による火防線の刈り払い作業が行われました。

県内はもちろん、関東方面からもご参加いただき、定員の15人はあっという間にいっぱい。友の会スタッフに株式会社佐久の作業班、プロジェクトにご支援いただいているパタゴニア日本支社のスタッフの皆さん、さらにはプロトレイルランナーである石川弘樹さんにもご参加いただき、楽しく賑やかな作業となりました。

ヤブが呼んでいる

朝晩めっきり冷えるようになったと思ったら、もう11月。
里の柿やりんご、海の牡蠣やアワビなどなど、食欲の秋も満開といったところ。
<南三陸イヌワシ火防線プロジェクト> トレイル整備プログラムもいよいよ間近となりました。
このイベントでは、1日目にトレイルを巡り、2日目に藪を伐り拓いてトレイルを整備します。


先日は山麓の集落の人たちが集まって、毎年恒例の登山道刈り払いを行いました。
背丈を越えるようなススキが繁茂していましたが、登山口から祠のある山頂まで、20名くらいで1時間半。さすが手慣れた人たちの作業だといつもながら驚きます。
ついでに道の脇に顔を出したキノコもゲットするところ、さすがです。

友の会メンバーも、負けじと(というわけではありませんが)山頂から先の薮に突っ込みました。

祝 志津川湾ラムサール条約登録

2018年10月18日をもって、「志津川湾」がラムサール条約に登録された。

めでたいことだ。

 

何を今更?と思ったあなたは南三陸通です。

 

たしかに

南三陸町では過去2度に渡ってラムサール条約シンポジウムが開かれ、今年の夏にはKODOMOラムサールのプレイベントも行われた。

何度も「もう決まりだ」「でも、まだ本登録ではない」という謎のトークが繰り広げられ幾年月。

通のみなさまにおかれましては「また言ってるよ」感が否めないのだが、本当にこれで決まりだ。

町も

 

環境省も
ラムサール条約事務局も

 

登録されたことは間違いなさそうだ。

めでたしめでたし。

 

 

??

 

???

 

ここで改めてラムサール条約ってなんだ?をおさらいする。

正式には上記公式サイトにある通りだが、超訳すると(個人の見解です)

 

いろんな生きものにとって大事な場所をみんなで大切にしていく約

 

小学生の標語にありそうだ。

子どもは常に賢いな。

 

ここで重要なのは

「みんな」と「していく」だ。

個人的に約束した覚えはなくても、あなたも私も人類みんなで未来永劫(人類絶滅の際、引き継ぎが不調におわったらゴメン)大切にすると約束したのだ。

 

!!!

 

先は長い。

必ずしも張り切って特別なことをしなくてもよい。

知ること

伝えあうこと

守ること

使うこと

など、あたりまえの日常のなか、それぞれの立場で大切にするのがよい。

<南三陸イヌワシ火防線プロジェクト> トレイル整備プログラム開催のお知らせ

暑かったり寒かったりと、なかなか安定しない今年の夏ですが、早くも秋(それも晩秋)の山イベントをお知らせいたします。その名も「南三陸イヌワシ火防線プロジェクト・トレイル整備プログラム」!

以前このブログでも紹介したとおり、南三陸ネイチャーセンター友の会では、南三陸町を取り巻く町境の分水嶺などにかつて整備されていた「火防線(かぼうせん)=山火事の延焼防止等のためにひらかれた帯状の無樹林地」をふたたび歩けるようにするプロジェクトを進めていますが、今回なんと!旧火防線や巡視路の跡を切り開いていく作業を実際に山で体験していただく一泊二日のツアーを企画いたしました。

 

夏は夜

夏である。
連日の暑さもあり、バテ気味になってる御仁も多かろう。
文明の利器の恩恵に預かれるならば大いに利用し、ご自愛ください。

さて、ここ南三陸町では暑いと言っても熱帯夜はほとんどない。
夜は快適に動ける。星見が捗る。

この夏の夜空はやる気だ。
月食に始まり、火星大接近、ペルセウス座流星群も月齢がよい。

月食は残念ながら曇りで月影すら見えなかったが、火星は日々輝いている。
火星の魅力と言えば、その赤さだ。肉眼で見てもはっきり赤い。
大接近中であり、位置もやぎ座で見やすい時刻に昇ってくる。夜漠然と南の空を見れば見つけるのは容易い。
お近くに天文台、科学館、プラネタリウムなどがあれば、火星の模様が見える高性能の望遠鏡を使って自転を観察できるかも知れない。

ちなみに右隣のいて座には土星が、さそり座を飛ばして、てんびん座には木星が、日の入り直後なら金星も見える。

夜空を見上げて明るい星を見つけると嬉しい。
その感覚は知識を得ても変わることはない。

おすすめの記事