夏である。
連日の暑さもあり、バテ気味になってる御仁も多かろう。
文明の利器の恩恵に預かれるならば大いに利用し、ご自愛ください。

さて、ここ南三陸町では暑いと言っても熱帯夜はほとんどない。
夜は快適に動ける。星見が捗る。

この夏の夜空はやる気だ。
月食に始まり、火星大接近、ペルセウス座流星群も月齢がよい。

月食は残念ながら曇りで月影すら見えなかったが、火星は日々輝いている。
火星の魅力と言えば、その赤さだ。肉眼で見てもはっきり赤い。
大接近中であり、位置もやぎ座で見やすい時刻に昇ってくる。夜漠然と南の空を見れば見つけるのは容易い。
お近くに天文台、科学館、プラネタリウムなどがあれば、火星の模様が見える高性能の望遠鏡を使って自転を観察できるかも知れない。

ちなみに右隣のいて座には土星が、さそり座を飛ばして、てんびん座には木星が、日の入り直後なら金星も見える。

夜空を見上げて明るい星を見つけると嬉しい。
その感覚は知識を得ても変わることはない。